金利の違い

【映画評】ムーンライトA なぜフアンはリトルに優しいのか?

 

映画,ムーンライト,フアン,キューバ,考察,

 

 

前回の続きです。

 

【映画評】ムーンライトを理解するための3つのキーワード@

 

今回は、ムーンライトの物語の構造を前回の3つのキーワードと絡めながら、解説をしていくと共に、なぜフアンはリトルに優しかったのか? なぜ母親はリトルに冷たくしたのか? なぜシャロンはひとりで闘いを挑んのか? について、キューバ移民の歴史を踏まえながら考察をしていきたいと思います。

 

 

◎物語の骨格

 

映画ムーンライトの物語の骨格をいつものように『思い切り』削りだして(神話等と同等のレベルで)抽象化をすると、大きくは以下のようになります。

 

『周囲と異なる子ども(異形の子)が周囲から拒絶され、傷つきながらも成長し、やがて共同体からはぐれていく。しかし時を経て、拒絶した人々と再会し関係性を回復していく中で、彼自身もつかの間の安らぎを得る』

 

 

『黒人のLGBTによる恋愛』という一種『現代的で刺激的な要素』を除けば、ムーンライトという物語は実は意外なほどに『みにくいアヒルの子』という童話に類似していることに気づく方もおられるかもしれません。

 

※念のため、『みにくいアヒルの子』のあらすじを紹介するとこんな感じです。

 

『アヒルの群の中で、他のアヒルと異なった姿のひなが生まれた。アヒルの親は、七面鳥のひなかもしれないと思う。周りのアヒルから、あまりに辛く当たられることに耐えられなくなったひな鳥は家族の元から逃げ出すが、他の群れでもやはり醜いといじめられながら一冬を過ごす。生きることに疲れ切ったひな鳥は、殺してもらおうと白鳥の住む水地に行く。しかし、いつの間にか大人になっていたひな鳥はそこで初めて、自分はアヒルではなく美しい白鳥であったことに気付く。』

 

 

美しく実に繊細で胸に迫る恋愛描写がありつつも、ムーンライトの物語の骨格はあくまで『集団から排斥された異形の子の生涯』とでも言うべきものなわけです。

 

※一応誤解のないように以下2点は強調しておきたいと思います。

 

・僕自身はLGBTという要素を『異形』だと全く思っていません。(詳しくは前回記事を参照ください)
・似ている話があるから『パクリだ!』とか言いたいわけではなく、あくまでその作品の独自性を味わうために物語の骨格レベルから分析を試みているというだけです。

 

 

さて、ではこのような物語の骨格の中で、ムーンライトという物語はどのような構成でそのお話を表現しようとしているのでしょうか?

◎物語の骨格とムーンライトの構造との関係

物語は大きく、@.リトル、A.シャロン(シャイロン)、B.ブラックの3部に分割され構成されています。
各パートを俯瞰してみると、

 

@.自分が何者であるかを知らない『リトル(おさなご)』が,
A.『シャロン(=自分自身)』としての自我と尊厳を確立しようとマジョリティに闘いを挑むものの潰され、
B.ステレオタイプな黒人像(=ブラック)に擬態して生きるさまが描かれる。
しかし、母とケヴィンとの和解を通じ、
Last.リトル(=生まれたままの魂)へと回帰するラストショットで終わる。
この時リトルは、黒でも白でも黄色でもなく、月明かりのブルーに染まった姿で映される

 

という構造になっています。

 

 

いわば、ムーンライトという物語は、自我の模索 ⇒ 闘争と敗北 ⇒ 擬態 ⇒ 回帰 という姿が、3部構成+ラストショットによってぐるりと回帰する、円環構造として表現されているわけです。

 

 

では、次に、この構図をもとに各パートの重要なポイントに入る前に、物語上、超重要なポジションを担いながらもほとんど深掘りされなかった『フアン』と『母(ポーラ)』について、各々考察をしたいと思います。

 

映画,ムーンライト,フアン,キューバ,考察,

◎なぜフアンはリトルに優しくしたのか?

リトル編、シャロンはその性的指向の片りんによりコミュニティから排斥されています。
彼は、周囲に自分自身のロールモデルとなる大人を見出すこともできず、深い孤独の中にいる。

 

そんな中出会ったフアンはリトルに大変に親切に接します。

 

それはなぜでしょうか?

 

それはフアン自身がキューバ出身 かつ 黒人という、ダブルマイノリティであったことが理由であると推察されますが、このことを理解するために、少しだけキューバとアメリカの歴史について簡単に触れておきたいと思います。

 

 

◎キューバとアメリカ、マイアミの歴史

 

▼キューバとアメリカの関係の変化

 

まず地理的な話をしておくと、ムーンライトの舞台になったフロリダ州・マイアミは、海を挟んだすぐ先がキューバであるという土地です。

 

元々アメリカとキューバは1898年のキューバ独立以来、非常に友好的な関係を築いていました。
多数の企業が置かれ、『アメリカの裏庭』として経済発展をしていきます。

 

しかし、1952年、クーデターによって政権の座についたバティスタ大統領は、米国企業と癒着し、横領がはびこり、政治は加速度的に腐敗していきます。
米国企業と政府の一部だけがどんどんと私腹をこやす中、マフィアは暗躍し、キューバの治安は非常に悪化していくことになります。
この悪政に対抗する形で『あの』、カストロとチェ・ゲバラが革命を起こし、キューバはカストロ政権へと移行するわけです。

 

その後、カストロは腐敗の温床となった米国企業の資産を没収。
当然米国企業は撤退し関係は悪化します。
キューバの共産主義化を恐れたアメリカは反カストロ政権組織を支援。後に経済封鎖へと踏み切ります。

 

当時のキューバは共産主義国家ではなかったのですが、この時支援を申し出たソ連と蜜月関係となり、以降キューバとアメリカの対立関係は決定的なものとなってしまいます。

 

その後、アメリカは共産国家化したキューバの弱体化を狙いとして、キューバからの亡命は特別に『ゆるい』条件で認める法律を通します。
(つい最近なくなりましたが、ようはどんどん俺んところ来いよ!的政策を打ち出してきたわけです)

 

そして、アメリカへのキューバ移民(亡命)の歴史がはじまります。

 

 

▼キューバ移民の歴史

 

キューバ移民の歴史は大きく3つにわけることができます。
まず第一陣。
カストロによる革命によって資産没収の危機に直面した『白人富裕層』が、まずアメリカへの亡命を開始します。
1959−1973年の間に移民したこの『白人富裕層』が、実はキューバ移民としては最大の45万人規模のものでした。
そして、彼ら富裕層が定住したのが物語の舞台でもある『マイアミ』だったわけです。
彼らは高い教育を受けており、アメリカにも比較的早く順応し、経済界にも少なくない影響力を持つようになりました。
アメリカ側も彼ら『白人富裕層』を暖かく迎え入れます。

 

その後の1980年。
カストロは在米キューバ人に対して、本国の人間を迎えに来てもらえるならもう一緒に出て行って良いよ、と布告します。
この時に移民したのが12万人程度と言われています。
彼ら第二陣のキューバ移民たちは当初、白人富裕層のイメージの良さからアメリカでも歓迎されます。
しかし、カストロによってなされた『亡命者たちは皆犯罪者だ』的声明と、それに加えて実際に身なりが悪かったことから、米国内での評価は急落します。。
そして徐々に風当りの強い対応を受けるようになります。
第二陣の彼らはやがて『共産主義の地から自由を求めてやってきた白人富裕層』ではなく、『経済困窮者移民』と見なされるようになります。
だけでなく、さらには『むしろ共産国家からのスパイじゃね?』という扱いを受けるようになっていきます。

 

その後1994年。
キューバが深刻な経済危機に見舞われると、キューバから『イカダ』にのって、まさに『経済移民』として亡命するもの達が現れます。
これが第三陣です。彼らの大部分はヒスパニックであり、もちろん白人富裕層ではありません。

 

 

つまり、キューバ移民と一口にいっても、第一陣の『白人富裕層』の亡命から、ヒスパニックの『経済移民』にまでその内実は様々であったわけです。
(ちなみにほぼ白人が登場しないこの映画のなかで、ケヴィンが中学時代にぶん殴ったのがキューバ系白人です)

 

さらにキューバ移民の中には、『キューバ移民』もいれば、アメリカで生まれた『キューバ系アメリカ人』だけがいたわけでもありません。
実際にはキューバに移民した当時、親に連れられてやってきた子ども達のように、『キューバ人と自己を規定するにはキューバの記憶が薄く、かといってアメリカ人というにはすでに成長しはじめてしまってい』人々も、また存在していたわけです。

 

 

▼マイアミのキューバコミュニティとと『フアン』の生き様

 

先に見たように、キューバ移民といっても、一括りにはできない背景があることをお話しましたが、では、肝心の(我らが)『フアン』はどのような立場にいたのでしょうか?

 

これは僕の想像でしかありませんが、

 

・黒人である
・40代前半〜半ば

 

を、鑑みるに、『白人富裕層』の移民でないことは確実です。

 

恐らくは、1980年代の第二陣の移民の時に、『経済移民』として『幼い頃(リトル)』に、マイアミへとやってきたと考えると年齢的にはぴたりと符合します。
(1980年に6歳程度で移民してきて、2016年に40歳前後となる世代)

 

 

▼マイアミは黒人しかいない場所ではない

 

映画では黒人コミュニティしか画面に写らないため(白人が映るのはほんの一瞬で人数も数えた限り4〜5名だけ)、マイアミという土地があたかも黒人しかいないように見えますが、実際の人口比率としては『白人』が最も多い土地です。

 

非白人:白人比率でみると、約7割が白人です。
そして非白人の中にヒスパニックやアジア系がいることを考慮すると、黒人というのは人口的には全く多数派ではないわけです。
あの映画だけを観ているとなかなか実感がわきにくいですが、実際には白人社会の中で、黒人が『身を寄せ合って』生きている場所なわけです。

 

そんな中、キューバ移民という括りでみると、キューバ移民は先にも述べたとおり、裕福な白人またはヒスパニック系で占められており、フアンのような『黒人 かつ キューバ移民』というのは、相当に所属できる場所がなかったことが想像されます。
(恐らく)フアンは7〜8歳の時に、『自分が何者か』ということに迷いを抱かざるを得なかったことでしょう。

 

フアンがリトルに優しくした理由は、フアンもリトル同様、『リトル時代』にダブルマイノリティとして生きざるを得なかった背景があったからと想像されます。

 

もちろんこれはあくまで想像であり、仮説にすぎませんが、キューバの歴史やマイアミの人口動態を知るにつれ、フアンという人間の生きてきた世界が『ヒシヒシ』と感じられたりもしたわけです。

 

そんな中、おそらくリトル時代の『フアン』自身も、ロールモデル(生き方のお手本)を上手く見つけることができず、生きるために犯罪行為に手を染めざるを得なくなった。

 

余地のない選択だったとはいえ、それが間違っていることを自分でも知っているからこそ、フアンはリトルに優しくしつつも、ポーラ(母親)の罵声に反撃することができない。
(むちゃくちゃ哀しいシーンですね……)

 

 

フアンはリトルに『自分のことは自分で決めるんだ』と伝え、海での泳ぎ(=世間の荒波の越え方)を教えます。
リトルは皮肉にもこのフアン以外に大人の背中をみることができなかった。

 

だからこそ、リトルは唯一のロールモデルであったフアンをトレースするように

 

・車のダッシュボードに王冠を置き、
・同じ職業につき
・同じような黒い帽子を被り、
・同じように筋肉をみにまとったり

 

するわけです。

 

ある意味では『犯罪者が再生産される仕組』が、『本来は悪人でなかったはずの人間』を通じて表現されるあたりに、この作品の『ギリギリ』とした哀しさがあると僕は思います。

◎ポーラが物語上果たした役割

次に母親ポーラについてです。

 

ムーンライトという物語が実はその本質は『みにくいアヒルの子』に似ている点は当記事序盤で指摘をしましたが、実は母親についても同じことが言えます。

 

母親は、登場当初は決して悪い母親とは言い切れません。
リトルのことを心配もしている。
テレビはダメ、勉強をしなさい、と教育にも熱心に思える。
登場シーンを観る限り、昼間の仕事についているようにも見える。

 

しかし、恐らくは片親でリトルを育てる経済的困難と、リトルが恐らくはゲイであるだろう想いとが彼女の精神のバランスを崩していきます。

 

生活のために身体を売り、悪い男にひっかかり、クスリを覚え、貧困は増し、やがてテレビを売り、家財は消え、ガスは止まり、公的支援住宅へと引っ越さざるを得なっていくシーンがわずかな映像の中で示唆されます。

 

彼女はシャロン編でシャロンを抱きしめもします。
(マイオンリーと何度もつぶやき、微笑みながらシャロンを抱きしめる)
愛していなかったわけではなかった。

 

しかし、母親は一度も『今のあなたのままで私はあなたを愛しているよ』と言うことはありません。

 

言い換えればシャロンは彼女にとって、『愛してはいるけれど、理解はできないし、認めたくない存在』だったわけです。
『愛しているけれど、お前じゃない方がいい』
愛し方、認め方がわからない、と言っていいのかもしれません。
恐らくはその苦しさの手近な逃げ場として、周囲に溢れるほどあるドラッグが機能してしまった。

 

母親であるにもかかわらず、我が子を愛せていないかもしれない、という想いは、恐らくかなりの苦しみであったことでしょう。
さらに彼女には経済的困難がついてまわる。

 

その結果、母親は『醜い子だね』と『アヒルの子』を罵り、シャロンの自尊心は奪われ、傷ついていく。

 

彼女は悪人だったのでしょうか?
決してそうではないでしょう。
母親として経済的自立を獲得しながらも十全に愛を与え、かつ、自分の常識とは離れた子を愛することができる人間だけがこの世のスタンダードだとは僕は思いません。
例外だって、気の迷いだっていくらでもある。

 

そしてそのことをシャロンは(頭では)理解しているからこそ、母親の懺悔を涙とともに受け入れるわけです。
そして母親の懺悔を受け入れる強さをみせることで、シャロンは擬態であるブラックからリトルへと回帰するために一歩前進し、もう一人の自分を傷つけた(しかしどうしても愛しい)ケヴィンへと会いに向かうことができるようになるわけです。

◎シャロンが破れる瞬間

映画,ムーンライト,フアン,キューバ,考察,

 

前回記事でこの作品を観た『当初の』不満として、シャロンが困難に立ち向かわないことへの苛立ちがあったと書きました。

 

しかし、その後、『闘いが破れる瞬間』を描くことがむしろこの作品のポイントであると思いなおすことになったと書きました。

 

それはどういうことでしょうか?

 

 

シャロン編で、シャロンはケヴィン含めクラスメイトにぼこぼこにされ、傷つき、そしてついに立ち上がります。

 

元々シャロンはリトル時代にもケヴィンに言われていた通り、『タフ』であったし、その『タフ』さを、周囲の人間に見せることができない人間では決してありませんでした。
ただそこまでする必要性を感じていなかったわけです。あるいは我慢することができた。

 

しかし、『愛するケヴィン』を自分を傷つける『道具』として利用したレゲエ野郎を許すことはついにできなかった。
シャロンはそのことについに『キレる』わけです。

 

弁護士に『知らないくせに』と呟くシーンは象徴的です。
シャロンはケヴィンを加害者扱いする弁護士に怒りを覚えるわけです。
ケヴィンもまた自分を殴ったことで傷ついていることをシャロンは知っているし、そのような思いをケヴィンにさせたことに怒りを抱き、タフさを見せようとする。

 

 

そして、シャロンは『青いシャツ(ブルー)』を着て、自分の魂に真っ直ぐに向き合う。
闘いを挑む。

 

そして、ここが非常に重要なポイントなのですが、この時、『最終的に敗れたのはシャロン』なわけです。

 

多数派(マジョリティ)は、殴る蹴るといった暴力を集団の中で匿名的に振るいまくり、あげく逃げおおせる。
少数派(マイノリティ)であるシャロンは、自分自身の看板を背負って戦うしかない。
青いシャツを着たシャロンは教室で怒りの一撃を見舞う。
そして、彼の抗議は一瞬にして『先生や生徒といった多数の人間によって公共の場で取り押さえられる』。

 

彼の尊厳と愛は多数派の匿名的攻撃によって決定的に破壊されながらも、それへの反撃はほんの一瞬、一撃に留まり、それ以上は許されず、そして最終的には取り押さえられ、抑圧される。
シャロンは『シャロン=自分自身』であろうとする闘いに敗れる。

 

ムーンライトは、こうして『少数派が破れる瞬間』を描くわけです。
ムーンライトは決して闘わない映画ではなかったわけです。
『闘いに破れざるを得ない瞬間』を、怒りではなく『静謐さ』によって描こうとした映画だった。
そう僕は思いなおしたわけです。。

◎素晴らしいポスター

最後にポスターについて。

 

いやー、、、素晴らしいですね!
リトル少年がシャロンになり傷を受け、ステレオタイプな擬態をするブラックへと一つながりに顔を映される。
その魂と社会的な立場の変遷を描きつつも、その悲しく内気な目は変わらない。

 

ポスターだけでひとつの物語が成り立つ、素晴らしい出来栄えだと思います。

 

 

関連ページ

【映画評】ムーンライトを理解するための3つのキーワード@
映画ムーンライトのネタバレありの感想・考察・批評です。この映画を理解するための3つのキーワードとはなんでしょうか? 僕はこの映画の本質はLGBTの純愛というところにはないと思っています。
【映画評】ひるね姫が描こうとした本当の物語と『ひるね』の理由
映画ひるね姫は明らかに劇中の重要なエピソードが削除されたことにより、本当の物語が見えづらくなっています。ひるねの意味や、この物語がなぜお盆を舞台にしているのか? 等をネタバレありで解説・批評・考察します。
【映画評】愚行録を逆から観るとわかる物語
映画愚行録をネタバレありで解説、批評、分析しています。そもそも愚行とは何でしょうか?物語の構造から、愚行録のある重大なポイントを解説します。
【映画評】キングコングとアメリカの精神の考察
映画キングコングのネタバレありの感想・批評です。科学と軍事とアメリカの建国の精神からのキングコングの考察です。
【映画評】この世界の片隅に 〜右手の意味と世界を受け入れる力〜★★★★★
映画、この世界の片隅にの感想、ネタバレです。右手の意味を中心に、物語をより深く味わってみましょう
【映画評】ラ・ラ・ランド 必ずもう一度観たくなる物語構造批評の決定版
映画ラ・ラ・ランド(LA・LA・LAND)をネタバレありで物語の構造から徹底批評しています。これを読めば必ずもう一度観たくなる。この作品は凄い。
【映画評】だからピンとこなかったのか!式 モアナと伝説の海の物語構造の分析と感想ーネタバレありー
映画モアナと伝説と海のネタバレありの感想・批評です。なぜかピンと来なかった人向けの解説記事となっております。
【映画評】SING シングはなぜ面白いのかがわかる―映画徹底批評
映画SINGシングのネタバレありの感想、評価、批評になります。
【映画評】虐殺器官はワトソンのいないホームズだ!
映画虐殺器官のネタバレありの感想、批評です。この作品は難し気ではありますが、それはワトソンがいないホームズ作品(ミステリー)になっているからです。それによって一体なにが起こるのでしょうか?
【映画評】シン・ゴジラと初代ゴジラの共通点と相違点がわかる
シン・ゴジラと初代ゴジラの共通点と相違点から、当時と今の日本の差異を明らかにし、よりシン・ゴジラを深く楽しめるようにしよう、というエントリーです。
【映画評】アイ・イン・ザ・スカイの本質と失敗
映画、アイ・イン・ザ・スカイのネタバレありの感想、批評です。この映画の本質とは?ドローンが物語に与えた意味とは?を解説したいと思います。
【映画評】ズートピアが見せたディズニーの凄味と深い叫び――★★★★☆
ズートピアの何が凄く、深いのか?この映画単に良くできた作品を超えた傑作です!ネタバレありですのでご注意ください。
【映画評】さざなみ(45years)は何を表現しようとしたか?
映画さざなみの感想・映画評です。ネタバレありですのでご注意下さい。
【映画評】セッション〜ブラック企業的観点からみるフレッチャー〜
セッションをみてきました。その映画評、感想。ネタバレありです。アカデミー賞を受賞した本作は、町山さん、菊池さんの論争など話題作でもありました。様々な論点があると思いますが、今回は、ブラック企業的フレッチャーという視点でまとめてみました。
【映画評】龍三と七人の子分たち 〜 ビートが撮る北野 〜
龍三と七人の子分たちの映画評です。ややネタバレあり。
【映画評】泣きながら怒る傑作『シン・ゴジラ』
映画シン・ゴジラの映画評、感想です。ここ数年のマイベストのひとつになりました。
【映画評】ソロモンの偽証(前編)〜この作品の何がスゴイのか?〜
映画ソロモンの偽証(前編)の感想です。凄い作品でした。役者さんの演技も素晴らしい。ネタバレなしです。4/11の後編の公開が楽しみです。
【映画評】ソロモンの偽証(後編)〜柏木くんが本当に欲しかったもの〜
映画、ソロモンの偽証(後編)の映画評、感想です。 ネタバレありです。なぜ柏木くんは死んだのか?を中心に考察をしています
【映画評】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 青い瞳のキャスバル 〜キャスバルが失う全てのはじまり〜
青い瞳のキャスバルの映画評になります。キャスバルという男が全てを失う直前の眩い輝きがこの作品の最大の魅力でしょう。
【ドラマ】ゲーム・オブ・スローンズの壁は進撃の巨人のパクリではないですよ
ゲーム・オブ・スローンズの『壁』の設定が進撃の巨人のパクリという人もいましたが、そんなことはないですよ、という話
おみおくりの作法〜ジョンの孤独と変化する力〜
映画、おみおくりの作法の分析をした映画評です。ネタバレありですのでご注意ください。 なぜあのようなエンドになったか??
アメリカン・スナイパー〜なぜあのエンドロールなのか?〜
映画、アメリカン・スナイパーの映画評、感想です。ネタバレを含むのでご注意ください。
ベイマックス〜なぜヒロは飛び込んだか?〜
映画ベイマックスがアカデミーを取ったのを機に見てきました。映画評・分析になります。ネタバレありますのでご注意ください。
悼む人〜静人にとって悼むとは?〜
映画、悼む人の感想です。ネタバレを含みますのでご注意ください。

「お金」って何? 働き方について 映画・書評