金利の違い

【映画評】ムーンライトを理解するための3つのキーワード@

◎ムーンライトを理解するための3つのキーワード

映画,ムーンライト,批評,ネタバレ,考察,感想

 

※ネタバレあります!

 

 

ラ・ラ・ランドを抑えてのアカデミー賞作品賞受賞ということでも注目を浴びていた『ムーン・ライト』。
公開初日に早速行ってきましたが、正直に言ってこの映画を語るのは非常に難しい。

 

というのもLGBT問題を取り扱った作品の『周辺』には、どうしてもある種の政治性がついてまわるからです。
より正確に言えば、無自覚な差別意識に基づいたLGBT嫌悪が作品の質とは無関係に表明されたり、あるいは自らの政治的正しさを演出するためのアイテムとしてLGBT作品を賞賛したりといったことがある。(と感じる)

 

恐らく多くの映画ファンとは気持ちを共有できるとは思うのだけれど、正直に言えばLGBT『だから良い』とか、LGBT『だからダメ』だとか、できればそういう所から『離れて』作品を楽しみたい、という想いがある。

 

まず誤解のないように先に自分の立場を明言しておくと、僕自身はLGBTに『限らず』、自分自身の与えられた魂が伸びたいと思う方向に自らを育んでいける社会であって欲しいし、自分もそうありたいし、周囲の人にもそうあって欲しい。

 

そしてまた、与えられた魂の形は自分で選べるものとは限らないとも思っている。
どうしようもない。
もし全てが努力や志で変えられるものなのであれば、恐らくこの世の悩みのほとんどはなくなるだろうとも思う。
背の高さ。頭の良さ。時代。肌の色。病気。家族。etc/etc

 

そうした『変えようのないモノ』を理由に僕自身が何事かを排斥しようするのであれば、それはそのまま全く同じ理由によって僕自身が排斥されることになるとも考えている。

 

『お前不細工でバカな日本人の男なんだろ?背も高くねーし。オメー幸せになる資格ないから』
そう言われても困る。
ほっといて欲しい。

 

 

とにかく僕は、政治性から離れてこの作品の核に触れたいと考えていたのだ。

 

そしてこういう長ったらしい前置きの後で改めて言うと、作品を鑑賞してからあぁだこうだ考えたあげく、出した結論は、『ムーンライトの本質はLGBTという点にはない』、というものだった。
また同時にムーン・ライトの本質は、『(LGBTに関わらず)純粋な恋愛の姿』にもない。

 

はっきり言えばこの作品の本質は『LGBTの恋愛ではない』と僕は思う。

 

この作品の本質となるキーワードは3つ。

 

それは

 

@ダブルマイノリティ
Aコミュニティ不在
Bロールモデル不在

 

である。

 

そして、『ムーンライト』という物語の本質は、上記3つを背景とした『自我の確立に挫折『せざるを得ない』人間の姿と、その傷が回復しかかる一瞬の美しさを捉えた点』にこそあると僕は思う。

 

 

僕は正直に言って、最初に観た時はそこまで心動かされなかった。
けれど色々と考えるうちに、この作品の奥底に気持ちが届いていく感触があった。

 

今回エントリーでは、なぜ最初は心動かなかったのか?
次になぜ動かされるようになったのか?
その変化について、上述した3つのキーワードを交えながら、ムーン・ライトの考察・批評・感想を述べていきたいと思います。

◎なぜ最初はピンとこなかったのか?

先にも述べたけれど、僕は正直に言って初めて観た時にはそれほど深い感動はおぼえなかった。
黒人の『LGBT』という要素を『ひっぺがして』映画を観た時、僕は正直シャロンという人間をそこまで好きにはなれなかったのだ。

 

父親不在で、母親はヤク中。母親は息子を罵り、拒絶し、本人の性的指向としてはゲイかつ内気で周囲にいじめられている。

 

何重苦でもあるのはわかるのだが、僕が最初にどうしても気持ちがノれなかったのは、シャロンが結局ほとんどその困難に立ち向かうこと(=自己存在を他者に否定させないという闘い)がなかったように思えたからだった。

 

『悲しい。』
『辛い。』
『でしょ?』
『可哀そうだよね?』
『わかってあげられる?』

 

みたいな作り手側のある種の自己憐憫/自己愛の強さが鼻につく作品に思えたのだ。
それは美しい映像美とは別に『もったいぶった』カメラワークにもそうした自己憐憫/自己愛の強さを感じた。

 

個人的な精神状態ということもあるとは思うけれど、正直に言えば僕が望んでいたものは『困難に立ち向かう瞬間』だった。
『俺(僕)も辛いけど、お前(シャロン)も頑張ってるんだな!よし、俺も!』 みたいな。

 

そのような情けない僕のある種の『代理戦争屋』としての役割をシャロンは果たしてはくれなかった。
それがまず不満だったのだ。

 

立ち向かうべき困難は僕にとって、決して社会的なものでも、大きなものである必要もなかった。
(それこそ立ち上がる瞬間でありさえすれば、初めてのおつかいレベルでもよかった)

 

困難の種類がLGBT系であるというだけで、主人公の『立ち向かわない姿』をスルッと受け入れる気持ちにはなれなかったのだ。

 

 

しかし、よくよく作品のシーンを咀嚼するうちに、そもそもそのような観方こそが誤っていたと思うようになった。

 

この作品は、『そもそも立ち向かえない状況にいることそれ自体』、あるいは『心折られる瞬間をこそ』まず描こうとした作品であると思うようになったからだ。

 

映画,ムーンライト,批評,ネタバレ,考察,感想

◎3つのキーワードと物語の構造

ではなぜムーン・ライトが『そもそも立ち向かえない状況にいることそれ自体』を描こうとした作品であると言えるのだろうか?
そのことを理解するためには、まず、この作品を形作る以下の3つのキーワードを理解する必要がある。

 

@ダブルマイノリティ
Aコミュニティ不在
Bロールモデル不在

 

 

シャロン少年は、『黒人 かつ ゲイ』というダブルマイノリティ(複合マイノリティ)という属性を持っている。

 

シングルマイノリティは確かに辛くはあるけれど、しかしシングルマイノリティ同士のコミュニティが存在したりもします。
アメリカで黒人はマイノリティ(少数派)として位置づけられる。
しかし、黒人同士は固まり、強固なコミュニティを築く。

 

それは白人のゲイコミュニティについても同様です。
白人のゲイコミュニティも存在し、そこではゲイであるということが許容される。

 

しかし、『黒人 かつ ゲイ』であるというコミュニティはアメリカでもまだまだ少なく、ましてやシャロン少年の住んでいるマイアミなどには存在しないのが実情のようです。

 

例えば以下のサイトを見てみてください。

 

http://www.thetenthzine.com/

 

 

これは、アメリカ在住の黒人かつゲイである人々が自らを表現する場として立ち上げたアートメディアです。
このメディアを立ち上げた背景部分を読むと、シャロン少年がいかに厳しい環境で過ごさざるを得なかったかを想像する助けになります。

 

http://heapsmag.com/the-tenth-magazine-creative
※日本での紹介記事はこちら

 

 

ポイントとしては以下の2点です。

 

『黒人コミュニティは保守的かつマッチョな部分があり、ゲイ(性的マイノリティ)は排斥されやすい』
『NYのような極一部の都市で暮らす人間を除けば黒人のゲイは存在自体を否定されるか、『笑いモノ(=オネエキャラ)』として生きていくしかない』

 

アメリカであれば都市圏にいくらでもLGBT問題に先進的なコミュニティがあるように想像されるかもしれませんが、実態としては都市圏であっても決してイージーなものではない。
ましてや地方都市をや、です。

 

ダブルマイノリティということは、それだけコミュニティに属す可能性が低い、ということでもあるわけです。

 

◎ダブルマイノリティであるということ

 

シャロン少年はマイアミという『黒人かつゲイ』というコミュニティが不在の地域で少年時代を生きざるを得ませんでした。

 

こうしたダブルマイノリティのコミュニティ不在という問題は、決して『黒人 かつ LGBT』に限定されたものではありません。

 

 

例えば『ライ麦畑でつかまえて(キャッチャー・イン・ザ・ライ』の作者として知られるJ・D・サリンジャーは1900年代前半のNYでハーフ・ジューイッシュ(ユダヤ人とアイルランド系白人)として生まれ、育ちます。

 

当時のユダヤ人への差別意識はアメリカにあっても相当苛烈であったようで、例えばクラスメイト同士であっても一冊の卒業アルバムの中でユダヤ人と白人とが分けて作られる学校も存在しました。

 

なぜわざわざ一冊の中でページを分けて作る必要があったのでしょうか?

 

それは家に帰ってからユダヤ人のページを一撃で切り離して捨てられるからです。

 

それ程までに苛烈なーーかつ、目につきにくいーー差別的環境にいたユダヤ人たちも、しかし、彼ら同士の間では結束することができる。
教会があり、習慣があり、互いに守るべき規律がある。

 

 

しかしサリンジャーはそこに混じることはできません。
『ユダヤ人 かつ ハーフ』という属性に生まれたサリンジャーは、どのコミュニティからも『お前は”俺たち”と違うから失せろ』という環境で生きていかざるを得なかったわけです。

 

◎コミュニティ不在であるということ

 

ダブルマイノリティとして生きるということは、多くの場合、コミュニティから排斥されるか自らを偽るかのいずれかとならざるを得ません。

 

自らと同じくする人々とコミュニティを立ち上げるには、そもそも同質のマイノリティの絶対数が少ないということもありますし、同種の人間を発見することも難しい。

 

(例えば前述の『ライ麦畑』は、『俺の生まれとか育ちとかそんなこと話すつもりはないからな』という一種怒りにも似た宣言から物語が始まります)

 

では、そうしたコミュニティ不在は一体なにを引き起こすのでしょうか?

 

 

コミュニティの重要機能のひとつに、『人が生まれてから死ぬまでの『だいたいの有り様』を構成員間で共有する』、というものがあります。

 

地域や家族の姿に、自分のこれからの生き方を見出していく。

 

入学→卒業→就職→結婚→出産→定年→死亡
こうしたイベントを自然なものとして自分の将来像を描いていく。

 

言い換えれば、私たちは自分が所属するコミュニティから、生き方の見本(ロールモデル)を与えられて生きていると言ってもいいわけです。

 

そうしたロールモデルは時に自らの(あるいは他人の)価値観を縛るものにはなります。
『あいつなんで結婚しねーの?』
『子ども生まないとかカワイソウ。』とか。
場合によって『長生きしすぎだろ』、とか言われたりもしちゃう。

 

しかし一方で、そうしたロールモデルは、『人生を地に足ついたものにする』効果も同時にもたらします。
とにかく『人生迷ったら周りに合わせて流れにのってればいい』わけです。

 

例えば日本に生まれた僕は、『そろそろ13歳になるし。まぁライオンでも狩るかぁ』みたいな人生設計を自然にはしないわけです。
『高校は行くかなぁ』みたいな決断を薄ぼんやりとしていく。

◎ロールモデルをもてないということは

 

 

ではロールモデルがもてない人生とは一体どのようなものでしょうか?

 

それは、『将来きっとこうなるだろう』という『穏健』な予測がたたない、ということです。
そもそも自分は『はぐれもの』なわけです。
だからどこにも先輩がいない。
だから、『自分はきっとこうなるだろう』という予測の立たない不安を常に抱きながら生きることになる。

 

仮にこうなりたい!という先輩がいたとしても、恐らくはその人も同じ『はぐれもの』である可能性が高い。
なぜなら『はぐれていない人を自然にモデルにできる人』であれば、そもそも『はぐれもの』にはならないからです。

 

『お手本』がいない以上、彼らは常に『自分のことは自分で決める』という覚悟と孤独を背負わざるを得ません。
(逆に言えば、そうした覚悟と孤独を持つ者同士であればさりげない言動ひとつだけで”ピッ”と互いを見つけあうことでしょう)

◎ムーン・ライトの物語の構造と分析

さて、それではいよいよ、ここからムーン・ライトの物語へとより深く入っていきたいと思います。

 

が!

 

さすがに長くなりすぎるので、一旦エントリーを切ります。

 

次回は、

 

【映画評】ムーンライト なぜフアンはリトルに優しいのか?

 

です。

 

ムーンライトの主題に対し、3部構成がどのような意味を持っているのか? に加え、
『なぜフアンはシャロンに優しくしたのか?』をキューバとアメリカの歴史を踏まえて解説したいと思います。

 

どうぞこちらもよろしくお願いします〜!

関連ページ

【映画評】ムーンライトA なぜフアンはリトルに優しいのか?
映画ムーンライトの考察・批評です。キューバ移民の歴史を踏まえたうえで、物語全体の構成から、ムーンライトの考察を行います。
【映画評】ひるね姫が描こうとした本当の物語と『ひるね』の理由
映画ひるね姫は明らかに劇中の重要なエピソードが削除されたことにより、本当の物語が見えづらくなっています。ひるねの意味や、この物語がなぜお盆を舞台にしているのか? 等をネタバレありで解説・批評・考察します。
【映画評】愚行録を逆から観るとわかる物語
映画愚行録をネタバレありで解説、批評、分析しています。そもそも愚行とは何でしょうか?物語の構造から、愚行録のある重大なポイントを解説します。
【映画評】キングコングとアメリカの精神の考察
映画キングコングのネタバレありの感想・批評です。科学と軍事とアメリカの建国の精神からのキングコングの考察です。
【映画評】この世界の片隅に 〜右手の意味と世界を受け入れる力〜★★★★★
映画、この世界の片隅にの感想、ネタバレです。右手の意味を中心に、物語をより深く味わってみましょう
【映画評】ラ・ラ・ランド 必ずもう一度観たくなる物語構造批評の決定版
映画ラ・ラ・ランド(LA・LA・LAND)をネタバレありで物語の構造から徹底批評しています。これを読めば必ずもう一度観たくなる。この作品は凄い。
【映画評】だからピンとこなかったのか!式 モアナと伝説の海の物語構造の分析と感想ーネタバレありー
映画モアナと伝説と海のネタバレありの感想・批評です。なぜかピンと来なかった人向けの解説記事となっております。
【映画評】SING シングはなぜ面白いのかがわかる―映画徹底批評
映画SINGシングのネタバレありの感想、評価、批評になります。
【映画評】虐殺器官はワトソンのいないホームズだ!
映画虐殺器官のネタバレありの感想、批評です。この作品は難し気ではありますが、それはワトソンがいないホームズ作品(ミステリー)になっているからです。それによって一体なにが起こるのでしょうか?
【映画評】シン・ゴジラと初代ゴジラの共通点と相違点がわかる
シン・ゴジラと初代ゴジラの共通点と相違点から、当時と今の日本の差異を明らかにし、よりシン・ゴジラを深く楽しめるようにしよう、というエントリーです。
【映画評】アイ・イン・ザ・スカイの本質と失敗
映画、アイ・イン・ザ・スカイのネタバレありの感想、批評です。この映画の本質とは?ドローンが物語に与えた意味とは?を解説したいと思います。
【映画評】ズートピアが見せたディズニーの凄味と深い叫び――★★★★☆
ズートピアの何が凄く、深いのか?この映画単に良くできた作品を超えた傑作です!ネタバレありですのでご注意ください。
【映画評】さざなみ(45years)は何を表現しようとしたか?
映画さざなみの感想・映画評です。ネタバレありですのでご注意下さい。
【映画評】セッション〜ブラック企業的観点からみるフレッチャー〜
セッションをみてきました。その映画評、感想。ネタバレありです。アカデミー賞を受賞した本作は、町山さん、菊池さんの論争など話題作でもありました。様々な論点があると思いますが、今回は、ブラック企業的フレッチャーという視点でまとめてみました。
【映画評】龍三と七人の子分たち 〜 ビートが撮る北野 〜
龍三と七人の子分たちの映画評です。ややネタバレあり。
【映画評】泣きながら怒る傑作『シン・ゴジラ』
映画シン・ゴジラの映画評、感想です。ここ数年のマイベストのひとつになりました。
【映画評】ソロモンの偽証(前編)〜この作品の何がスゴイのか?〜
映画ソロモンの偽証(前編)の感想です。凄い作品でした。役者さんの演技も素晴らしい。ネタバレなしです。4/11の後編の公開が楽しみです。
【映画評】ソロモンの偽証(後編)〜柏木くんが本当に欲しかったもの〜
映画、ソロモンの偽証(後編)の映画評、感想です。 ネタバレありです。なぜ柏木くんは死んだのか?を中心に考察をしています
【映画評】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 青い瞳のキャスバル 〜キャスバルが失う全てのはじまり〜
青い瞳のキャスバルの映画評になります。キャスバルという男が全てを失う直前の眩い輝きがこの作品の最大の魅力でしょう。
【ドラマ】ゲーム・オブ・スローンズの壁は進撃の巨人のパクリではないですよ
ゲーム・オブ・スローンズの『壁』の設定が進撃の巨人のパクリという人もいましたが、そんなことはないですよ、という話
おみおくりの作法〜ジョンの孤独と変化する力〜
映画、おみおくりの作法の分析をした映画評です。ネタバレありですのでご注意ください。 なぜあのようなエンドになったか??
アメリカン・スナイパー〜なぜあのエンドロールなのか?〜
映画、アメリカン・スナイパーの映画評、感想です。ネタバレを含むのでご注意ください。
ベイマックス〜なぜヒロは飛び込んだか?〜
映画ベイマックスがアカデミーを取ったのを機に見てきました。映画評・分析になります。ネタバレありますのでご注意ください。
悼む人〜静人にとって悼むとは?〜
映画、悼む人の感想です。ネタバレを含みますのでご注意ください。

「お金」って何? 働き方について 映画・書評