ドラマ

ゲーム・オブ・スローンズの『壁』は進撃の巨人のパクリではないですよ

 

ゲーム・オブ・スローンズ,進撃の巨人,パクリ,元ネタ,ハドリアヌスの長城

 

ゲーム・オブ・スローンズが各種オンデマンドサービスで配信されるようになり僕の周囲でもこの傑作海外ドラマにズッパまりする人が増えてきました。

 

次から次へと起こる予想外の展開に加えどのキャラクターも生き生きとして憎らしく、また愛らしく、まさに観るのをやめられない恐ろしいドラマですね、、、。

 

日本で果たして将来的にこんなドラマが生まれる日が来るのだろうか? と考えると悲観的な気持ちにさえさせられる、とにかく図抜けたドラマです。

 

さて、そんなゲーム・オブ・スローンズですが周りの未見の人におススメしようと簡単に内容を説明した時「あれ?それって進撃の巨人のパクリ?」と言われることが何度かありましたので、今回は『ゲーム・オブ・スローンズは進撃の巨人のパクリじゃないですよ』ということをエントリーしたいと思います

 

今日のコンテンツ

 

1) 進撃の巨人とゲーム・オブ・スローンズの共通する『壁』という設定

 

 ・巨大な壁と外にいる化け物(巨人)という設定
 ・ナイツウォッチと調査兵団

 

2) ゲーム・オブ・スローンズの『壁』の本当の元ネタ

 

 

 

進撃の巨人とゲーム・オブ・スローンズの共通する『壁』という設定

 

傑作漫画、進撃の巨人を見たことがある人ならゲーム・オブ・スローンズを観てすぐにアレ?っと思う幾つかの共通点がありますね。

 

その代表的なものはなんと言っても人間(人類)の周囲を囲う超巨大な『壁』の存在でしょう。

 

両作品、共に人類の脅威となる外敵から身を守るために巨大な壁を築き上げその内側で半ば怯え、半ば忘れながら生活をしているという設定です。

 

また、その壁に関わる特殊な組織(軍隊)が両作品共にあり、進撃の巨人には『調査兵団』という組織が、ゲーム・オブ・スローンズには『ナイツウォッチ』という組織がそれぞれに物語的に重要な役割を担っています

 

進撃の巨人が世界的にも特大のヒットを飛ばした後にゲーム・オブ・スローンズが日本で放映され話題になりはじめたのでこの『壁』の設定を聞いた人は一聴してパクリだと思うかもしれません

 

ですが事実としては作品が世に出たのは『ゲーム・オブ・スローンズ』(正確には原作小説『氷と炎の歌』)の方が随分と先になります。
(ゲーム・オブ・スローンズ(氷と炎の歌)が1996年発刊。進撃の巨人が2009年ですから10年以上ゲーム・オブ・スローンズが先行しています)

 

このことからまずゲーム・オブ・スローンズが進撃の巨人をパクったということはあり得ません

 

では進撃の巨人がゲーム・オブ・スローンズをパクったんでしょうか?
個人的にはそれも考えにくいかと思います。

 

正直に言えば『巨大な壁によって外敵から身を守る』という設定“そのもの”はさしてオリジナリティのあるものではなく、万里の長城をはじめ『実際の歴史』にてたびたび“実物”が建造されてきているからです。

 

両作品ともその面白さの本質にあるのは“設定”ではなくて、ゲーム・オブ・スローンズであれば魅力的なキャラクターが複雑におりなす重厚な人間ドラマと隙なく作り込まれた映像世界と予想を裏切り続ける物語であり、進撃の巨人であれば独特の“間”と“センス”を持って次々にこちらの予想を逸脱して進むスートリーテリングの妙味にあると言えるでしょう。

 

もしあなたがゲーム・オブ・スローンズファンで誰かに「あれって進撃の巨人のパクリじゃないの?『壁』とかさぁ〜」とか言われることがあったとしたら、「進撃の巨人の10年以上前に発売された作品だよ」と言い返してみてもいいかもしれません。

 

 

2)ゲーム・オブ・スローンの『壁』の本当の元ネタ

 

ちなみにゲーム・オブ・スローンズの壁の本当の元ネタは『ハドリアヌスの長城』と呼ばれる実際の建造物と思われます

 

元々ゲーム・オブ・スローンズはイングランドの歴史をモデルにしてと思われる部分が多々ありますが――例えば『最初の人々』のモデルは恐らくケルト民族――、この『壁』に相当する建築物が『ハドリアヌスの長城』という名でイングランド北部に実際に存在しています。

 

この『ハドリアヌスの長城』はローマ時代(西暦122年)、時の皇帝ハドリアヌスがグレートブリテン島北部からの侵略を防ぐためにイングランドとスコットランドの境界線上に建築した長大な防壁で、最盛期には9000人程のナイツウォッチ(もとい兵士)が配備され、北部からの襲撃に備えていたそうです。

 

時代が下りこの壁も荒廃していくわけですが、役割から周囲の風景、その他諸々ゲーム・オブ・スローンズのナイツ・ウォッチや『壁』を嫌でも彷彿とさせる建築物となっています。

 

 

ちなみにこれが『ハドリアヌスの長城』が建築された箇所の地図なのですが、位置といい長さといいウェスタロス北部の壁とほぼ同じです。

 

<ハドリアヌスの長城の地図(イギリス)>
ゲーム・オブ・スローンズ,進撃の巨人,パクリ,元ネタ,ハドリアヌスの長城

 

<『壁』ウェスタロス大陸の地図>
ゲーム・オブ・スローンズ,進撃の巨人,パクリ,元ネタ,ハドリアヌスの長城

 

 

周囲の風景はまさにウェスタロス大陸北部そのもの。
今にもスターク家が馬に乗って出てきそうです。

 

ゲーム・オブ・スローンズ,進撃の巨人,パクリ,元ネタ,ハドリアヌスの長城

 

ゲーム・オブ・スローンズはその他にも多々実在の歴史的建築や文化、出来事をリソースに物語が構築されていますので、これはどの歴史的事件を元にしているのだろう? という視点で鑑賞するのもまた楽しみ方のひとつかと思います

 

関連ページ

【映画評】ラ・ラ・ランド 必ずもう一度観たくなる物語構造批評の決定版
映画ラ・ラ・ランド(LA・LA・LAND)をネタバレありで物語の構造から徹底批評しています。これを読めば必ずもう一度観たくなる。この作品は凄い。
【映画評】この世界の片隅に 〜右手の意味と世界を受け入れる力〜★★★★★
映画、この世界の片隅にの感想、ネタバレです。右手の意味を中心に、物語をより深く味わってみましょう
【映画評】シン・ゴジラと初代ゴジラの共通点と相違点がわかる
シン・ゴジラと初代ゴジラの共通点と相違点から、当時と今の日本の差異を明らかにし、よりシン・ゴジラを深く楽しめるようにしよう、というエントリーです。
【映画評】泣きながら怒る傑作『シン・ゴジラ』
映画シン・ゴジラの映画評、感想です。ここ数年のマイベストのひとつになりました。
【映画評】ズートピアが見せたディズニーの凄味と深い叫び――★★★★☆
ズートピアの何が凄く、深いのか?この映画単に良くできた作品を超えた傑作です!ネタバレありですのでご注意ください。
【映画評】さざなみ(45years)は何を表現しようとしたか?
映画さざなみの感想・映画評です。ネタバレありですのでご注意下さい。
【映画評】セッション〜ブラック企業的観点からみるフレッチャー〜
セッションをみてきました。その映画評、感想。ネタバレありです。アカデミー賞を受賞した本作は、町山さん、菊池さんの論争など話題作でもありました。様々な論点があると思いますが、今回は、ブラック企業的フレッチャーという視点でまとめてみました。
【映画評】龍三と七人の子分たち 〜 ビートが撮る北野 〜
龍三と七人の子分たちの映画評です。ややネタバレあり。
【映画評】ソロモンの偽証(前編)〜この作品の何がスゴイのか?〜
映画ソロモンの偽証(前編)の感想です。凄い作品でした。役者さんの演技も素晴らしい。ネタバレなしです。4/11の後編の公開が楽しみです。
【映画評】ソロモンの偽証(後編)〜柏木くんが本当に欲しかったもの〜
映画、ソロモンの偽証(後編)の映画評、感想です。 ネタバレありです。なぜ柏木くんは死んだのか?を中心に考察をしています
【映画評】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 青い瞳のキャスバル 〜キャスバルが失う全てのはじまり〜
青い瞳のキャスバルの映画評になります。キャスバルという男が全てを失う直前の眩い輝きがこの作品の最大の魅力でしょう。
おみおくりの作法〜ジョンの孤独と変化する力〜
映画、おみおくりの作法の分析をした映画評です。ネタバレありですのでご注意ください。 なぜあのようなエンドになったか??
アメリカン・スナイパー〜なぜあのエンドロールなのか?〜
映画、アメリカン・スナイパーの映画評、感想です。ネタバレを含むのでご注意ください。
ベイマックス〜なぜヒロは飛び込んだか?〜
映画ベイマックスがアカデミーを取ったのを機に見てきました。映画評・分析になります。ネタバレありますのでご注意ください。
悼む人〜静人にとって悼むとは?〜
映画、悼む人の感想です。ネタバレを含みますのでご注意ください。
【書評】想像ラジオのテーマと答え、そしてこの小説の欠点
いとうせいこうさんの『想像ラジオ』の書評、感想です。ネタバレあり。芥川賞候補にもなったこの作品の意味を解説したいと思います。
【書評】想像ラジオで紹介された曲、全曲解説と作品との関わり(1)
いとうせいこうさんの小説『想像ラジオ』で紹介されている曲を調べると作品をより深く味わえたので、皆さんにもご紹介します。
【アート】山本 基さんの塩のアートが物語る悼むこと、みおくることの意味がわかる
山本 基さんの塩のアートが物語る悼むこと、みおくることの意味とその素晴らしさをまとめています。

「お金」って何? 働き方について 映画・書評